容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

2011/7/16〜18 札幌☆遠征 【2〜3日目】

  1. 2011/07/18(月) 23:59:59|
  2. オールディーズ活動記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
生田です。

遠征1日目をまだご覧になっていない方はこちらを先に見てください。
http://invers.dtiblog.com/blog-entry-198.html


では引き続き2日目のレポート


この日には長利さんと井桁が札幌上陸




早速、札幌ビール園にて美味しいビールを飲んだそうです。




私たちはランチにお寿司を堪能し




歩行者天国で記念撮影




そしてついに本当の目的である結婚式へ!!!
















素敵な結婚式の次は披露宴だよね〜
席次はどうなっているかな?
みんな同じテーブルかな?
なんておしゃべりをしながら受付で会費を払っているときに。。。

トラブル発生!!!

受付の方「イゲタさんはどのような漢字でしょうか?」
井桁さん「井戸の井に何桁の桁ですが、、、」
受付の方「下のお名前は?」
井桁さん「・・・」

そうです、なんと披露宴参加者名簿に井桁の名前が無い!?!?




チームメイトのピンチに私たちは控え室でまったりとビールを飲んで、
アルマダの連中としゃべったりして過ごしていると。
なんとか席を作ってもらった井桁も戻ってきて一安心。
披露宴に突入です。


最初は紋付で登場し




みんなで集合写真




お色直し後のケーキカット




はじのご両親!おめでとうございます!




そして、披露宴も大盛り上がりのまま終了し、二次会へ


主役のKiss




結婚式から二次会三次会まですっかり楽しんだメンバーは
それぞれのホテルへ戻りました。

私とタケと井上は小腹が減ったので、ラーメン横丁へ




ラーメン屋さんの名前は例によって憶えていませんが、
ベーシックな美味しいラーメンでした。
もちろん味噌!










満腹で大満足のラーメン屋で同席した見知らぬおじさん




すっかり精魂使い果たした井上





3日目は俺とタケシが先に帰ることに

途中でタケシに似た石像と一緒に




時計台を見学して




スープカレーを食べ




無事に飛行機に乗れました。




羽田空港にて無事に到着の乾杯をして遠征は終了です。




札幌は涼しくてとても過ごしやすく、
現地の人はみんな優しいしとても良い遠征となりました。

はじ!お幸せに!



おわり。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2011/7/16〜18 札幌☆遠征 【1日目】

  1. 2011/07/16(土) 23:59:59|
  2. オールディーズ活動記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
生田です。

2011年7月16日〜18日まで山本はじめの結婚式参加のため、
札幌へ遠征してきました。

まずは1日目のレポートです。

俺とタケシは土曜日の朝10時の便で羽田を出発予定でした。

俺は地元の駅から羽田空港までリムジンバスが出ているので
それで楽チンで行く予定でしたが、東京湾トンネルの中で事故発生!!!
出発の1時間前に到着予定のスケジュールで動いていたので
かなり焦りました。。。
何とか30分前には到着して無事離陸、新千歳空港に到着することが出来ました。

新千歳空港から札幌までは電車で40分程、当然のごとく
「タケ、ビール買ってきて」
となり、札幌までの時間を過ごします。




到着したらランチでラーメン。
タケシはなぜかしょうゆラーメンをチョイス。




俺はもちろん味噌!




その後、半日で札幌の観光スポットを周れる観光バスに乗り




札幌冬季オリンピックで有名な大倉山シャンツェ




記念写真を撮ったり




スキージャンプ体験ゲームをしたり










なりきってみたり





その後、少年よ大志を抱けで有名なクラーク博士に挨拶をし
(なぜか日ハムのユニフォームを着せられてました。。。微妙。)







やっぱり落合




バッチリ札幌の要所を押さえ、良い時間になったので
札幌ビール園へ!













大人気の札幌ビール園は総収容人数が2000人もある巨大なビアガーデン

しかし、3連休の初日ってこともあって予約をしていない俺たちは1時間待ち。。。
少しでも早く呼んでもらう為に総合受け付けの前で並んで待ちました。
(ここで肇と一のダブルはじめが合流。)




ようやく入れた店内は素敵な雰囲気







タンクトップに前掛けのタケシはまるで裸エプロン状態




新鮮なラムを焼いて〜




ビールを飲んで〜




外から建物を眺めたりして〜




記念撮影!!!




ここで翌日が結婚式のはじめは帰宅し。
(当たり前だ!)

式前日なのによくぞ付き合ってくれました!ありがとう、ハジ!


3人は夜の街を大いに楽しみ



最後は味噌ラーメンで〆て終了。



1日目は以上です。
2日目に続きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2011年度 佐倉カップ大会のご案内

  1. 2011/07/09(土) 22:31:24|
  2. 大会報告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
2011年度佐倉カップ大会の申込み受付開始

しました。



大会要項、申込書は下のリンクからダウンロード願います。



11年佐倉カップ大会要項.doc
http://canoepolo.jp/2011_sakuracup/yoko.doc

11年佐倉カップ申込書.xls
http://canoepolo.jp/2011_sakuracup/entry.xls

11年3on3大会要項.doc
http://canoepolo.jp/2011_sakuracup/3on3_yoko.doc

11年3on3申込書.xls
http://canoepolo.jp/2011_sakuracup/3on3_entry.xls

3on3ルール
http://canoepolo.jp/2011_sakuracup/3on3rule.txt

会場地図
http://canoepolo.jp/2011_sakuracup/map.jpg


申込み締切は7月8日(金)です。

当記事は7月8日の締切日まで最新記事となっていますので、
下の記事が更新されている可能性があります。チェックしてみてくださいね。


2010年度の大会報告は下記リンクからご確認ください。
http://invers.dtiblog.com/blog-date-20100623.html



たくさんのチームのご応募をお待ちしています。


    



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

あじさいカップ

  1. 2011/07/08(金) 07:07:14|
  2. 大会報告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
こんにちは。
山下です。



6月24-25日に開催されたあじさいカップの模様をアップします。



参加者は生田・ヤンキー・安藤・井上・山崎・山下

2部に麻衣子が坂田さん率いる卍党で参戦!(敬称略)


さて、いつも通り、カヌーに乗ってる写真はただの1枚も無いので、
交流会メインで投稿します。



あじさいカップの交流会ではビンゴ大会が恒例となっています。
ビンゴすると豪華景品がもらえるのと同時に総勢70名からのコールで
気持ちよくビールを一気する権利が与えられます。

そんな交流会がはじまりはじまり〜



交流会の全景と増井さんの毒牙






まずは石原さんと若人2人







晃基は皆の前で永遠の愛を誓ってくれました

       








そして、我らが麻衣子



ゼットン欲しがってたもんな!おねでとう♪




さらに我らが安藤さん
今日は先生飲んじゃおっかな!!











ビンゴに当たったのが左の白い服着た福大1年生
白い服の子に、同じ福大1年生として堀江には負けない!
と叫ばれてしまった真ん中の堀江
ただ、堀江と同じTシャツを着てただけのエイスケ先輩!

はい、エイスケ先輩は事故です。








愛大・駿大・福大の1年生たち!











下の方にちらちら映るプ野研の会長
今年も来ていただけました!





そして、今年はAKBからの燃えよドラゴンズ〜あじさいカップVer.〜
で盛り上げていただきました!







山崎親方と川島先輩のアメリカコラボ













あらら・・・川島さんはアメリカスタイルご存じなかった模様ですが、
秋良さんのクゥ〜〜って顔は堪らなく幸福感漂ってます!





私の携帯に20枚以上入っていた大城さんの画像の中でもこの画像が
一番マシという画像です。
後の画像はブログが閉鎖されかねないのでアップできませんでした。。。






よっしゃーーーーーーー!!!!



千田さん、さわちゃんの為にアンパンマンの起き上り人形ゲット!!



その後、よっしゃー!の一言で会場を笑いの渦に巻き込んだ千田さんに対して、
蒔田さんが、「千田さんはシュート決めてもよっしゃーとか言わないのに、
こんな時だけ言って卑怯だ!」と謎文句言ったところ、

千田さん「俺はこの為に取ってるんだ」とおもしろ回答していました。





そして交流会の夜は、井上さんの「うっひー」の声と伴に更けていく☆☆☆





石原家



なる君、はじめまして!




さて試合が終わり閉会式の様子





結果は…

一部
優勝:みよしシーモンキー
二位:駿河台大学
三位:芦原フェニックス
四位;佐倉

リーグ戦ではシーモンキーを2-0の完封で勝利したものの、
準決勝の駿大戦では1-2で敗け、
3位決定戦においても芦原フェニックスに4-5で競り負けて、
4位という結果になってしまいました。







二部
優勝:卍党
二位:とりやまだY
三位:とりやまだT






麻衣子は卍党で大会初優勝!!おめでとう♪


結果が伴わないという忸怩たる思いもあるが、大会はやっぱり良いもんだな
と再認識できた大会でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スーパーレジェンドとの遭遇

  1. 2011/07/08(金) 00:00:00|
  2. オールディーズ活動記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
生田です。

カヌーポロを10年以上やっている人なら絶対覚えているレジェンドプレーヤー

ヒガクレオサム
OSAMU HIGAKURE
日隠 修

そう、元佐倉INVERS4番でキャプテン
日本のカヌーポロを大きく飛躍させた選手

現在は函館在住のこの方と久々にお会いしました。

到着が遅かったので、飯田橋のつじ田にてつけ麺を食べ、
その後夜遅くまで懐かしい面々で色々な話が出来ました。

まずは菅谷さん、井桁と3人でカフェクレープリー ル ブルターニュ
という女性客しかいないオシャレな店でクレープを頂き、




その後、修平も合流し、日隠さんと久々の再開










2代目つじ田のつけ麺
美味かったのですが、既に満腹だった私はほとんど食べれず。。。残念。



今度は函館に行きたいと思った次第です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

世界のポロ(歴史編)

  1. 2011/07/06(水) 13:07:01|
  2. ポロ事情|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
山崎です。

またまた、今日も懲りずに書いていきます。
今日は歴史についてです。

世界のルールが統一されたのは1990年代初頭と言われています。

かつては「手を使ってはいけない」「水面にゴールがある」「コートが50m以上」などの現代のカヌーポロに見られないローカルルールが世界各地で存在しており、国ごとに似て非なる競技をやっていたようです。

そんな各地の古〜いカヌーポロの貴重な映像がこちら。

まずイタリア(1983)



噂の水面ゴールです。どうやら手を使ってはいけないのもここのルールのようですね。


続いてオランダ(1986)



こちらも水面ゴールですが、たまに手も使ってます。シュートだけはパドル縛りなのだろうか。どういうルールなのか観ててもよくわかりません。

続いてドイツ(1985)



ああ、やっと安心する映像が。
ちゃんと上の方にゴールがあります。
しかし・・・コート広すぎないか?
しかも5秒というルールはないようです。

この他にも色々古い映像は探せば出てくるわけですが、どうもイギリス・ドイツのルールが今のルールの基礎の部分になっているようだと言う事が推測されます。

最後にこちら
1989年の映像です。
この頃には世界ルールは統一されつつあるようで、イギリスとイタリアのクラブチームが同じルールで戦っています。



しかしMeridianってこんな昔からあるチームなのか。
歴史を感じるなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

世界のポロについて

  1. 2011/07/06(水) 01:06:23|
  2. ポロ事情|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
山崎です。

たまには投稿を、と思い立ったわけですが出掛けもしないし、これと言った楽しい話もない私なので、やはりカヌーのお話をしようと思います。

今回は世界のカヌーポロについて。

発祥自体も曖昧なカヌーポロですが、今では様々な国で楽しまれています。
世界選手権はもちろん各大陸での選手権が行われるなど、徐々に拡大しつつあるのでは、と思います。

ただ、日本では2004年以降、残念ながら急激にチーム事情は悪化したように思います。かつては小規模ながらも全国各地にチームが点在していたのが、今はある特定のいくつかの地域のみで流行っている以外、廃れつつある印象を受けます。
各地の地方大会が年々減少しているのも少し寂しいな、と感じます。
私自身、普及に貢献できているかというとだいぶ「?」ではありますが、続けることが普及につながると信じ頑張っています。
うそ、楽しいから続けてるだけです。

さて、話は逸れましたが。
果たしてどんな国が、いったい何カ国くらいカヌーポロをやっているんだろう?って疑問に思ったことはないでしょうか。

そんな疑問の答えに近づくことが出来るのがこれ!!


カヌーポロの本です。
超マニアック!
ちなみにKAYAKS PLUSのホームページにて購入できますが日本円で3,000円以上するバカ高い本です。ダンカンの商魂の逞しさにはいつも頭が下がるばかりですな。

そんな本なのですが、私はひょんなことからこの本を手に入れることが出来ました。
内容を読むとなかなかマニア心をくすぐる内容でいっぱいです。
カヌーポロの基本的な動作に始まり、戦術・練習方法・ルールなどの教本的なな要素から、カヌーポロの成り立ちなどの紹介なども載っていて非常に面白いです。

なかでも個人的に一番興味を持ったのが、過去の国際大会のリザルトの紹介ページ。
世界選手権はもちろんのこと、ヨーロッパ選手権・アジア選手権・アメリカ選手権・オセアニア選手権と各地の過去のリザルトがビッシリ!

それによると世界選手権・ヨーロッパ選手権よりもアジア選手権のほうが歴史が古く、過去は香港の天下のような時代があったようです。
また、昨今は大会に出てこないインドネシアの名前なんかも出てくるう上に、詳細に順位が記されており、これらの情報のソースは一体何なんだろうとますます疑問は膨らむばかり。

で、ヨーロッパ選手権などを見ると最近は出てこないフィンランドやラトビア、リトアニアのほか古い時代にはオーストリアなんかも出てきてびっくり。

アメリカ大陸選手権についてもアルゼンチンのほかパラグアイの名前なんかも出てきて、結構世界各地でやっている国は多いようです。
今やっているかはわからない国も含めればですが全部数えていくと約40カ国くらいでカヌーポロをやっていることになります。
自分が現役選手のうちにという贅沢は言いませんが、生きてるうちにカヌーポロがオリンピック種目になったらいいな、と思いました。

てなわけで特にオチはないし、もう書くこともなくなりましたので失礼します。

おやすみなさい。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

DTIブログって?