容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

2013 EUROPEAN CANOE POLO CHAMPIONSHIPS POZNAN, POLAND

  1. 2013/08/22(木) 22:30:47|
  2. ポロ事情|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
こんにちは。
最近更新頻度が上がってきました。ヒマなわけじゃないんですよ。

さて、今週末は日本一大きなカヌーポロ大会であるあわらカップが行われますが、一足先に今日からヨーロッパ選手権が始まっています。
場所は昨年世界選手権を開催したポーランド・ポズナン。
ビールがとてつもなく安いということ以外は特に娯楽がなかったように記憶しております。

それはさておき今回の組み合わせです。



また、以下から結果の速報が見れます。
http://www.ecpolo.kayakpl.com/results/

リトアニアが久々に参加してますね。
先日のワールドゲームスに引き続き、ドイツが優勝するのでしょうか。
結果が楽しみですね。

それよりも今週末はあわらカップですので、日本のカヌーポロプレイヤーの皆様、会場でお会いしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

WorldGames 決勝

  1. 2013/08/14(水) 20:00:52|
  2. ポロ事情|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
WorldGamesの決勝がyoutubeにアップされてたので載せときます。

前半





後半


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ご無沙汰しております

  1. 2013/07/16(火) 12:37:28|
  2. ポロ事情|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
山崎です。

今年はチームとして存続の危機を迎えながらも、なんとか細々と活動を続けております。
来年は戦力の大型補強も予定されておりますので、なんとか今年一年は踏ん張って行きたいと思います。

ブログの更新もすっかり億劫になってましたが、久々に書きます。

今年はワールドゲームスの開催年です。
ご存知の通り(?)カヌーポロは2005年から公式種目となり、4年に1回開催されます。前年の世界選手権の上位5カ国+ホスト国の計6カ国しか出場できず、非常にハードルの高い大会です。
日本は2005年に女子が出場し、見事3位に入賞しています。


今年の開催国はコロンビア。

国旗



地図



国民



開催地はサンティアゴ・デ・カリ(通称カリ)。
コロンビアは男女とも過去あらゆる国際大会への参加実績がなく、今までカヌーポロが根付いていたのかは不明です。
男子は一応エントリーしていますがどうなんでしょう。女子に至ってはチームが作れずアメリカが出場するようです。

ワールドゲームスは7月25日〜8月4日までの予定ですが、カヌーポロの競技は8月2,3日に開催されるようです。

規模の小さい話になりますが来週は佐倉カップです。
皆様のご参加をお待ちしてまーす。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ポロ艇事情

  1. 2012/06/29(金) 23:50:00|
  2. ポロ事情|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
ご無沙汰しております。
山崎です。

シーズンが始まったというのにブログの更新がすっかり滞ってしまいました。
・・・というのもネタがない!
最近は他チームのブログが充実してて、それを読んでるだけで満足しちゃってます。

そんなわけで他チームと被らないネタを書かねば、ってことで艇のお話。
一時はVAMPIREとREVENGEしかないのではと思うくらい、他の艇を見なくなりましたが海外のポロ艇は各地で新作が作られているようです。

今回はその中の一部をご紹介。

まずは私の愛艇です。



ELIO KAYAK 『Integrale DYNO』
よく「エリオ」と読んでますが実は正式名称があるのです。
特徴としてはインバンパーはもちろんのこと、ボリュームがなく細身で短い、最近のトレンドに乗っかったミーハーな艇です(笑)



続いてこちら。



DBxclusive 『air』
こちらのメーカーはFLIGHTのシリーズで有名です。
ラインナップがかなり豊富です。



続いて・・・



Lettmann 『Blade II』
こちらはなんと言っても前の階段(?)が特徴。
いったい何のメリットがあるのだろうか?
正直ダサい・・・もとい一周してかっこいいです。



まだまだ行きます!



Agility Skills 『Elixa』
ここは2008年に設立されたそうで新しいメーカーです。
youtubeで動画が配信されているので是非見てみてください!
笑えます。



ラストです。


nomad canoeというメーカーです。
たしか艇の名前は『force』だったと思うのですが、HPにはpolo kayakとしか書かれていません。


今回紹介したものの他にもまだまだ色んな艇がありますが、それについてはまたの機会にします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続・【動画】ヨーロッパ選手権

  1. 2011/10/11(火) 18:37:49|
  2. ポロ事情|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
山崎です。

前回の動画はヨーロッパ選手権のシニアの決勝でしたが
今回はU21と女子の決勝をどうぞ。

まずはU21。
シニアと同じくフランス対ドイツです。




続いて女子。
こちらはGB対フランスです。




残念ながらU21女子だけは見つけることが出来ませんでした。


感想として、ショットクロックのせいかオフェンスがスピーディーになった印象がありますが、裏を返せば短絡的な攻めが増え、ゴールに向かって前向いてたら多少無理目でもすぐシュート撃っちゃうシーンが多く観られます。
シュートが入るor止められて速攻食らうという展開が多く、この辺りが今大会のハイスコアな試合が増えた要因ではないでしょうか。


昨年の世界選手権の映像なんかと見比べるとルール改正による違いは一目瞭然です。

点数が動くようになり、観てる側にとってはエキサイティングなスポーツになったと評価できますが、今までのような激しい崩し合いの中からの得点シーンは減り、かえって面白味がなくなったんじゃ・・・と、個人的には思いました。

皆さんの感想もお待ちしてます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

【動画】ヨーロッパ選手権決勝

  1. 2011/09/26(月) 20:00:00|
  2. ポロ事情|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
山崎です。

先の井上氏のお祭り日記では大変見苦しい姿をお見せしました。。。
決して日常的にあんなにハジけてるわけじゃないんですよ>_<

さてさてカヌーポロファンの皆様お待たせしました!!
先日書いたヨーロッパ選手権決勝、フランス対ドイツの動画を見つけて参りました。
まずはご覧下さい。



前半の3連続速攻で試合が決まった感じですね。
ボールを取ってからのオフェンスへの移行が恐ろしいくらい速いのと3本とも全て得点に成功しているところが強さの秘訣でしょうか。

ディフェンスは思ったよりコンパクト。カットに相当な自信があるんでしょうかね。
サイドの選手もあまり広がらず45度以上の角度あるドライブにもあまりガッツリ当たりに行かずに接触後自分の外側に滑らせて、そのまま0度近くのドライブまで対応していることが多いです。
カットに自信があるからシューターとゴールとの間に自分が入っていれば良いという認識なのかな、って思いました。

準決勝の動画は残念ながら見つけることが出来ませんでしたので、また何か面白い情報を探してきます。

今週からはいよいよアジア選手権inイランです。
是非とも日本チーム各カテゴリ揃って金メダルを取ってきて欲しいものですね☆

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

海外の大会について

  1. 2011/09/14(水) 13:05:44|
  2. ポロ事情|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
山崎です。

日本選手権の次の週、遠くスペインではヨーロッパ選手権が行われていました。

ホームページにリザルトがアップされていました。
順位は以下の通り。

MEN
1.FRA
2.GER
3.GBR
4.NED
5.ITA
6.ESP
7.SUI
8.IRE
9.DEN
10.POL
11.SWE
12.POR
13.BEL
14.RUS

WOMEN
1.GBR
2.FRA
3.GER
4.NED
5.ESP
6.POL
7.ITA
8.DEN
9.SUI
10.RUS
11.IRE

U21MEN
1.FRA
2.GER
3.ITA
4.POL
5.ESP
6.SUI
7.GBR
8.NED
9.RUS
10.DEN
11.IRE
12.POR

U21WOMEN
1.GER
2.POL
3.GBR
4.FRA
5.ESP

フル男子以外のカテゴリについてはよく知らんけど、結果だけ見ればまあまあ順当かな、という印象。

しかしスコアを見てびっくり。フランスは準決勝ではオランダ相手に10−2!!
決勝においてもドイツを6−1で下している。
ショットクロックによる影響でスコアが動くようになったと予想されるが、それにしてもこんなワンサイドゲームになるとは。。。

フランス強すぎ!!

ただし、予選の結果を見るとフランスも負けがあるので、この2試合が絶好調だっただけかもしれない。
まぁ準決・決勝でベストなパフォーマンスを発揮できるとうことはそれこそ凄いことだけども。

GBが順位を上げてきてるなぁという印象。
またアラン・ベッシーが今回も出ていたのかが気になるところ。

また、昨年の世界選手権では大躍進だったスウェーデン・デンマークは低迷。
やはり北欧勢のまったりした戦術ではショットクロックのルールで勝つのは難しいのだろうか。

なんにせよ、ヨーロッパのポロは日々進化しているようです。



ヨーロッパ以外の情報について少し触れましょう。

10月2日には南アでアフリカ選手権が行われるようです。
アフリカ代表を決めるための大会で、南アとナミビアのみが参加のようです。

ちなみに南アといえばこんなイメージ



だいぶやばそうな雰囲気ですよね。



そして12月9〜11日はパンアメリカ選手権がコロンビアで開催されるそうです。
2007年にはパラグアイで開催してたし、南米はカヌーポロブームなのか?

ちなみにコロンビアといえばこんなイメージ



こちらはさらにやばそうですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

山崎的オススメ動画

  1. 2011/08/31(水) 18:43:38|
  2. ポロ事情|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
山崎です。
僕は楽しいプライベート話など皆無なので、あくまでカヌーポロ話を書いていきたいと思います。

最近はyoutubeなんていう便利なもんがあるおかげで、ちょっと検索すれば簡単にワールドクラスのプレイが観れます。
私が高校生の頃など、まだまだ海外のプレイに触れる機会なんてなかったので、どっからか回ってきたビデオを擦り切れそうになるくらい何度も見続けたものです。
そこから考えると今は本当にすごい時代になったもんだとしみじみ思うとともに、そんなことを思う時点でだいぶ年取ったんだなぁと思ったりするわけです。

しかしながらcanoepoloで検索して出てくる動画の数は本当にいっぱいあって、それだけ数があれば当然内容はピンキリなわけです。
世界選手権の決勝もあれば、お遊びでやっている風景、中にはBGMと共に写真をいっぱい載せてるだけのものもあって、こんなん動画でアップするなよーなんて思うこともしばしばです。

そんな数々の動画を観てきた私がオススメする動画はこちら。
なんかの大会のイタリア対オランダです。



非常に上手に編集されてます。
シュートシーンを中心にハイレベルなプレイが目白押しな上に、展開も非常に面白い試合です。

個人的に好みなのは16秒〜22秒辺り、JD(オランダ1番)のプレイ。
あの勢いの中でパスを出せる視野と技術に驚愕ですね。
もちろん貰ってちゃんと決める6番もすごいんですが・・・。

その後もレベルが高すぎて全く勉強にならないプレイの数々と珍しいオウンゴールのシーン(笑)などもあって見ごたえ十分です。

また気が向いたときカヌーポロの色んな情報を書いていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

世界のポロ(歴史編)

  1. 2011/07/06(水) 13:07:01|
  2. ポロ事情|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
山崎です。

またまた、今日も懲りずに書いていきます。
今日は歴史についてです。

世界のルールが統一されたのは1990年代初頭と言われています。

かつては「手を使ってはいけない」「水面にゴールがある」「コートが50m以上」などの現代のカヌーポロに見られないローカルルールが世界各地で存在しており、国ごとに似て非なる競技をやっていたようです。

そんな各地の古〜いカヌーポロの貴重な映像がこちら。

まずイタリア(1983)



噂の水面ゴールです。どうやら手を使ってはいけないのもここのルールのようですね。


続いてオランダ(1986)



こちらも水面ゴールですが、たまに手も使ってます。シュートだけはパドル縛りなのだろうか。どういうルールなのか観ててもよくわかりません。

続いてドイツ(1985)



ああ、やっと安心する映像が。
ちゃんと上の方にゴールがあります。
しかし・・・コート広すぎないか?
しかも5秒というルールはないようです。

この他にも色々古い映像は探せば出てくるわけですが、どうもイギリス・ドイツのルールが今のルールの基礎の部分になっているようだと言う事が推測されます。

最後にこちら
1989年の映像です。
この頃には世界ルールは統一されつつあるようで、イギリスとイタリアのクラブチームが同じルールで戦っています。



しかしMeridianってこんな昔からあるチームなのか。
歴史を感じるなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

世界のポロについて

  1. 2011/07/06(水) 01:06:23|
  2. ポロ事情|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
山崎です。

たまには投稿を、と思い立ったわけですが出掛けもしないし、これと言った楽しい話もない私なので、やはりカヌーのお話をしようと思います。

今回は世界のカヌーポロについて。

発祥自体も曖昧なカヌーポロですが、今では様々な国で楽しまれています。
世界選手権はもちろん各大陸での選手権が行われるなど、徐々に拡大しつつあるのでは、と思います。

ただ、日本では2004年以降、残念ながら急激にチーム事情は悪化したように思います。かつては小規模ながらも全国各地にチームが点在していたのが、今はある特定のいくつかの地域のみで流行っている以外、廃れつつある印象を受けます。
各地の地方大会が年々減少しているのも少し寂しいな、と感じます。
私自身、普及に貢献できているかというとだいぶ「?」ではありますが、続けることが普及につながると信じ頑張っています。
うそ、楽しいから続けてるだけです。

さて、話は逸れましたが。
果たしてどんな国が、いったい何カ国くらいカヌーポロをやっているんだろう?って疑問に思ったことはないでしょうか。

そんな疑問の答えに近づくことが出来るのがこれ!!


カヌーポロの本です。
超マニアック!
ちなみにKAYAKS PLUSのホームページにて購入できますが日本円で3,000円以上するバカ高い本です。ダンカンの商魂の逞しさにはいつも頭が下がるばかりですな。

そんな本なのですが、私はひょんなことからこの本を手に入れることが出来ました。
内容を読むとなかなかマニア心をくすぐる内容でいっぱいです。
カヌーポロの基本的な動作に始まり、戦術・練習方法・ルールなどの教本的なな要素から、カヌーポロの成り立ちなどの紹介なども載っていて非常に面白いです。

なかでも個人的に一番興味を持ったのが、過去の国際大会のリザルトの紹介ページ。
世界選手権はもちろんのこと、ヨーロッパ選手権・アジア選手権・アメリカ選手権・オセアニア選手権と各地の過去のリザルトがビッシリ!

それによると世界選手権・ヨーロッパ選手権よりもアジア選手権のほうが歴史が古く、過去は香港の天下のような時代があったようです。
また、昨今は大会に出てこないインドネシアの名前なんかも出てくるう上に、詳細に順位が記されており、これらの情報のソースは一体何なんだろうとますます疑問は膨らむばかり。

で、ヨーロッパ選手権などを見ると最近は出てこないフィンランドやラトビア、リトアニアのほか古い時代にはオーストリアなんかも出てきてびっくり。

アメリカ大陸選手権についてもアルゼンチンのほかパラグアイの名前なんかも出てきて、結構世界各地でやっている国は多いようです。
今やっているかはわからない国も含めればですが全部数えていくと約40カ国くらいでカヌーポロをやっていることになります。
自分が現役選手のうちにという贅沢は言いませんが、生きてるうちにカヌーポロがオリンピック種目になったらいいな、と思いました。

てなわけで特にオチはないし、もう書くこともなくなりましたので失礼します。

おやすみなさい。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

DTIブログって?

次のページ